読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のために私が書くブログ

可愛い女の子が好きな中卒で発達障害で愛着障害を持つ人が書くゆるゆるブログ。

私、ヒステリックだから仕事やめました。


f:id:yosonono:20170309191718j:image

最近、半年ほど続けた工場のパートを辞めました。辞めた一番の理由は人間関係。

 私が怒らせたくない、普通の人なら怒らせるはずの無い優しい人の

精神的負荷の原因に私がなってしまう程、

私の発達障害愛着障害の特性が出てしまったからです。

 

その優しい人は職場の管理者でした。 

 とても気さくで優しい上司だったので、新人の私に気取ることなく、よく話しかけてくれて、すぐに親しい関係になりました。

次第に飲みに行ったりするようにもなりました。その時に知ったのは上司は私を要領が良く、仕事が出来る人間だと思ったとの事です。(何故かどこに行っても初めの印象はそう言われます。)

だから、私に好感を持ってしまっていたようなのです。

 

私は上司と親しくなるにつれ、発達障害であることを伝えたい。 と思うようになり、割と早い段階でカミングアウトもしました。

カミングアウトされた上司は、理解の意思を示してくれました。また、彼にはアスペルガーらしき友人が居たこともあり、そこまで詳しくは無いけれど、本で少し知識を得ようとした経験も過去にあることを教えてくれました。

 

この人なら、大丈夫だ。

 

面接の時に初めて上司と会った時から直感で感じていました。

上司はある程度の道徳心を持ち、マイノリティを差別することを良くないと思ってくれる人でした。

上司は私が発達障害者という事を知ると、私に配慮をしてくれるようになり、キャパシティオーバーによる急な欠勤を多めに見てくれたりしました。

 

さて、ここから少し話を変えて工場での仕事内容や上司以外の働く人たちについて書きたいと思います。

働いてみて思ったのは、工場仕事というのはシングルタスクであり、臨機応変な対応が苦手であったり、コミュニケーションに自信のない人に向いているということ。つまり、発達障害者に向いている職場なんじゃないかと。

 働く人たちに年配の方が多く多少のミスや、そのミスをうまく許してもらえるような素ぶりができないコミュニケーション能力の低さも多めに見てもらえます。

癖のある人も多かったので、自分より個性の強い人たちに隠れることが出来て『普通の人』『歳が近い人』に囲まれるプレッシャーが少なかったです。私の場合はどうしても前者の人たちと比べて、劣等感を抱いてしまうので。

 

ただ、

それにも関わらず私は職場での問題児でした。

働いた半年の間に何度もケンカしました。

衝動性とヒステリックが出たのです。

 

先輩からの仕事の指示内容に納得がいかない、

自分が気に入ってる上司や同僚への陰口、

執拗な質問攻撃(何故この年齢でここで働くの?前職はどんな仕事してたの?等、根掘り葉掘り聞いて言いふらす人が居ました。)

 幼稚な意地悪もされました。

それらに耐えられなくなった時、態度に出したくなる衝動を抑えられなくなり、10年以上ここで働く先輩を敵に回しました。

 

 ただ、私にはあの優しい上司が味方についていてくれたので、その揉め事はまだこの時はそこまで苦しくなかったです。

 何故なら、上司にその事を相談していたので、揉め事があった先輩とは作業担当を離してもらう配慮をしてもらっていましたし、

 相手にも悪い部分があったのでそれ自体は辞める直接的な原因にはならなかったです。(100%自分が悪い方が居心地が悪い。)

 

 そして何より、自分に好感を示してくれて期待してくれる上司が味方についてたので、心強かったのです。もうお気づきだと思いますが私は上司を好きになってしまったのです。

 

上司に会いたくて週6で仕事に通いました。この時は完全にキャパオーバーで、体力的には限界に近い状態だったけど、久しぶりに好きな人と対等にコミュニケーションで触れ合える幸せが、ストレスよりも勝っていて、完全に躁状態に陥っていました。だけど、私的には数年ぶりの充実した毎日で、心がときめいていたのです。

 

ただ、それも長くは続きませんでした。

上司と仲良くしていたことがいわゆる揉めた先輩方の反感を買い、会社の上部に2人は出来ているんじゃないかと報告されてしまったのです。今思えば当たり前といえば当たり前の仕打ちだったなぁと思います。浮かれすぎていました。(上司にも本当に迷惑な事したなぁ...。)

 

この事を上司と話し合った結果、これからは職場でもプライベートでもなるべく関わらないという事になりました。

 

そしてここからが悪夢の始まりでした。

上司の支えが無くなると、自信はドミノ倒しのようにどんどん崩れていき、さっきまでの先輩に楯突く勢いの威勢もなくなり、私の社交不安障害の特性が躊躇に出るようになりました。

上司や揉め事とは関係の無い優しい先輩達全ての人に嫌われているような被害妄想が止まらなくなり、常に周りを見ないよう下を向いて歩きました。また、私の家庭環境は非常に悪く、休まる環境が無かったので常にイライラ、ビクビクしていてストレスは溜まる一方。自律神経が狂い、常に38度近い微熱が出るようになりました。

 

そして遂に私は限界を迎えました。

 ストレスの矛先を、

あろうことか上司へと向けました。

先輩達が居なくなり職場で上司と2人きりの空間が出来た時がありました。

話したくても話せなかった不満が一気に溢れ出し、衝動は止まりませんでした。

 

不満をぶつけました。

理不尽に怒りをぶつけました。

たくさんたくさん怒りをぶつけました。

 

上司は、ただぐっと堪えてました。

 

ヒステリックをぶつけた後、家に帰りLINEで謝りました。その後もう1度直接謝りました。

 

 ですがその間違いは1度だけでは終わりませんでした。

 

上司が歳が近い女性の部下と話しているのを見ると、嫉妬心でまた怒りが湧いてきました。

見捨てられ不安に襲われました。

 自分に歳が近い女の子が正社員として働いているのに自分はパートなこと、

そのパートの仕事さえまともにできないこと、

上司に怒りをぶつけたり周りの反感を買う程までに協調性もないこと、

「比較はしない。」と自分に言い聞かせてもコントロール不能で、強烈な劣等感が私を襲いました。

仕事は前よりさらに出来なくなりました。先輩に嫌われているから怖くて簡単に質問するのも出来なくなり、立場は悪くなるばかりでした。

上司に名誉挽回しようと良いところを見せたくて、まだまともに覚えてない仕事に手をつけて失敗して怒られたこともありました。

 

なんて馬鹿なんだろう。

報酬と安心感が欲しかったのです。

今すぐに。

 

中卒なことも、

発達障害なことも、

上司に怒りをぶつけてしまった罪悪感も、

忘れさせてくれる報酬が。

 

理不尽な怒りをぶつける、仕事があまりにも出来ない、出来ないのに質問もしない、やらなくていい事をやろうとする、不信感はどんどん上司の中で募っていき、遂に私に拒絶の反応を示すようになりました。自業自得です。

 

こうした間違いを半年間の中で何度か犯すことによってわたしはこの職場で居られる自信を無くし、辞めることを決意しました。

 

全部、全部私が悪かったのです。発達障害も関係ありますが、それ以上に人としての最低限必要なものが私には欠けていたことが今回の件で痛感しました。

もし願いが叶うなら工場に入ったばかりのあの頃に戻りたい...。

 

だけど、今回のパートで収穫したこともありました。

散々職場の人達と揉めたと書きましたが、ずっと優しく接してくれた方も居ましたし、揉めた後に仲直りして前より仲を深めて最終的には孫のように私を可愛がってくれた人もいました。私の劣等感を汲み取ってくれて、たくさん仕事を私に教えてここで正社員にさせてあげようとしてくれたおじいちゃん、天真爛漫でいつも友達のように気さくに話しかけてくれて辞めてからも連絡取り合おうと言ってくれたおばあちゃん。

その人達には感謝してもしきれないです。

 

 今までのバイトやパートで自分が辞めることを惜しんでくれる人はなかなか居なかったので、そこは本当に嬉しかったです。半年の中でコミュニケーションは失敗もあったけど、前よりぐっと人に話しかけるハードルが下がったし、大きな収穫はありました。ここでの仕事は絶望もたくさん味わったけど最終的に働いて良かったと思えた職場でした。

 

さて、今年の春から私は通信制高校に通うことになりました。

これからの予定は毎週日曜日だけ登校するので平日はパートをしながらレポートを提出する感じです。それからカウンセリングにも通うことになり、ACを少しずつ寛解してこの記事で書いたような愛着の問題を少しでも減らせたらいいな。

そして早く学校卒業したいな。

 

 

 

散々困らせた上司も

 「学校、頑張ってね。絶対よそのためになるからね。」

 って言ってくれた事だしね。